おまとめローンの金利は低い?

おまとめローンの金利は低いというイメージがありますよね。おまとめローンのメリットの一つは、今よりも低金利なおまとめローン銀行ローンに一本化することで利息負担を減らすというものですが、おまとめローンだから低金利だというように約束されているわけではありません。小額で高い金利の借り入れが複数あるという場合、それをおまとめすること、ある程度まとまった借り入れ額になりますと、適用される金利も低くなることが期待できる、というものです。

もちろん、銀行のおまとめローンや銀行カードローンなどは低金利ですから、現在18%の金利で借りている、という方などはそうしたローンでおまとめできれば、かなり利息負担を減らすことができるでしょう。それではカードローンと変わらないくらいの金利でおまとめをした場合には得することはないのか?というとそんなことはありません。

確かに、あまり金利が変わらないのであれば利息負担もそう変わりません。ですがおまとめローンは返済期間が長く設定できるため、月々の支払い負担を抑えることができます。今現状で月々の支払いがギリギリで困っている、という場合には、これはたいへん助かりますよね。ただし返済期間を長くするということは、それだけ最終的に支払うこととなる利息負担が大きくなる、ということでもあります。そのためその返済額でそのまま返済を続けていけば、それは「損」ということになります。

しかしとにかく今返済に困っていてすぐにおまとめしたい、月々の支払い負担を減らしたい、というのであれば、金利が多少高めであっても最終的な支払利息で損をするのだとしても金利があまり変わらないおまとめをすることに価値はあるのではないでしょうか。最終的な支払利息の点に関して言えば、無理のない返済計画を組んで余裕のある月に多めに返済をするなど、積極的に元金を減らしてゆけばリカバリーもできます。

このように、おまとめローンは金利が低いものだけではないのですが、低金利なことだけがメリットではありません。おまとめローンを検討の際には、金利にこだわりすぎず、今優先すべきは何か、という点で選んでみるとよいでしょう。

コメント投稿は締め切りました。